Dr.magico 骨盤サポーターPlusは、補正力の調節が可能な補助ベルト付きの骨盤ベルトです。
TOP >> 製品一覧 >> 骨盤サポーターPlus

Dr.magico骨盤サポーターPlus(プラス)

骨盤サポーターPlus(プラス)
骨盤の話 Pelvis 守る
骨盤は体型だけではなく、体調にも左右する大切な部分。骨盤のゆがみは自然な開閉を妨げ、下腹が出てたり、ウエストのくびれがなくなります。 リンパや血行の流れも悪くなることで、むくみや冷え症、脂肪がたまりやすくなる要因になると言われています。

骨盤サポーターPlus(プラス)

no.2426
骨盤サポーターPlus(プラス)

Price│価格

¥3,000+税

Spec│詳細

本体
サイズ
【M】幅10㎝×長さ95cm
【L】幅10㎝×長さ95cm
重さ
【M】106g
【L】116g
素材
本体/ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、ポリプロピレン
バックル/ポリアセタール
適応
サイズ
腰周り
【M】80~100cm
【L】90㎝~110cm

WEB STORE │ ご購入はこちら

  • 製品特徴
  • 装着方法
  • 使用上の注意

製品特徴

独自のウェーブ形状。フィットしやすくズレにくい。

仙骨を支点とした独自のウェーブ形状で骨盤にフィット。しっかりと支え安定させます。動きによるズレを抑制する構造になっています。

薄くても骨盤をしっかりと引き締め。アウターにひびきにくい厚さ0.5mmの薄さへのこだわり。

伸縮性が異なる生地を採用。
前後から挟み込むようにケア。

全体が均一に伸縮する一般的な骨盤ベルトとは違い、からだの側面に伸びる生地を採用。骨盤の前面(お腹側)と背面(お尻側)は伸縮性が低く、骨盤を前後から挟み込むようにケアします。

小さな力でもしっかりと締め付け。補助ベルト付きの骨盤ベルト。

Dr.magico 骨盤サポーターPlusは補助ベルトの付いた骨盤ベルトで、装着したまま補正力の調節が可能です。

動滑車の原理を応用した補助ベルトで、比較的小さな力でもしっかりと締め付けることが可能です。

汗をかいてもムレにくい。メッシュ素材を採用。

側面は中山式独自の凹凸特殊生地「ミラーフィラメント」を採用。高い伸縮性がしっかりとした締め付けを産み出します。また、メッシュ構造なので通気性に優れています。

背部・腹部にはクッションに富んだ構造のダブルラッセル生地で肌当たりが柔らかく心地よくフィットします。また、メッシュ仕様なので通気性も抜群!


正しい装着位置

正しい装着位置

骨盤の側面、一番出っ張っている箇所から約2~3cm下のあたりに巻くとより効果的です。

骨盤ベルトの締め付け具合は強ければ良いというものではありません。強く巻きすぎると血行が悪くなったり、内臓が圧迫されるなどの悪影響につながると言われています。正しいサイズを選んで、ほどよく気持ちよいと感じる程度で巻いてください。急がずにゆっくりと骨盤をサポートすることが大切です。

骨盤サポーターPlus(プラス)の装着方法。

骨盤サポーターPlus(プラス)の装着方法

使用上の注意

(1) 最初は1日2時間程度を目安に徐々に慣らしてください。
(2) 必ず、サイズのあった製品を使用してください。
(3) 本品は骨盤部以外には使用しないでください。
(4) 腰痛などで通院されている方は、ご使用の際は医師にご相談ください。
(5) 必ず肌着や衣類の上から装着し、肌に直接装着しないようにしてください。
(6) 就寝時は使用しないでください。
(7) マジックテープのつきが悪くなった場合は使用しないでください。
(8) ベルト本体をきつく締め過ぎないようにしてください。
(9) アレルギー体質、湿疹性、汗でかぶれやすい方は使用しないでください。
(10) 本品を装着中に異常を感じたら、ただちに使用を中止し医師の診断を受けてください。
(11) 本品の装着中に怪我(痛み、しびれ、傷、骨折、腫れ、かぶれ、湿疹など)をした場合、ただちに使用を中止し医師の診断を受けてください。
(12) 表裏、上下を逆にして使用しないでください。
(13) 装着中、ズレたりたるんだりしたときは、必ず手順通り正しく装着しなおしてください。
(14) 本品の改造、加工、修理は絶対に行わないでください。

お手入れ方法

(1) 洗濯をする際は、水で丁寧に押し洗いし、絞らずにタオル等で軽く水気を取り日陰で干してください。
(2) アイロン、塩素系漂白剤、柔軟剤は製品を傷める原因になるので、使用しないでください。
※ 洗濯は色移りする場合がありますので、他のものと絶対に一緒に洗わないでください。