あなたの骨盤は何タイプ?その冷え、その痛み、骨盤のゆがみからきていませんか?本当は恐ろしい骨盤の話。
TOP >> 骨盤の話

コラム骨盤の話

骨盤とは?

骨盤とは?

 上半身を支え、上半身と下肢の骨をつなぐ、いわば土台のようなもので、大きく分けて仙骨(中央にあるハート型の骨)、尾骨(その先端にある骨)、寛骨(その左右にある骨で腸骨、坐骨、恥骨を含む)の3つで構成されています。3つが連なって動くので、“ゆがみ”が起こりやすくなっています。特に女性の骨盤の場合、妊娠や出産の可能性があるために稼動域が広くできており、姿勢や座り方の影響を受けやすく、とてもゆがみやすくなっているのです。

とくに女性の骨盤は、
とてもゆがみやすくなっていると言われています。

骨盤がゆがむと?

 骨格は骨盤を中心としてつながっているので、骨盤がゆがむと背骨、頭蓋骨にも影響し、O脚やX脚などの原因にもなります。骨盤は体型だけでなく、体調も左右するとても大切な部位です。ここでは3つの典型例をご紹介します。複数のタイプが混合された場合もありますので、あくまでも目安としてお考え下さい。

  • 骨盤ひらきタイプ

    ひらきタイプ

    重心が外に移動し、ももやふくらはぎの外側に脂肪がつきやすくなっています。下半身太り、O脚に多いタイプです。

  • 骨盤ずれタイプ

    ずれタイプ

    肩の高さやウエストの位置がずれるなど、上半身がアンバランスになりやすいタイプです。男性にも多くみられます。

  • 骨盤そりタイプ

    そりタイプ

    前傾しているとお尻が出っ張るでっ尻、後傾していると猫背になることが多いタイプです。


内臓に影響を及ぼし、体調を左右する原因にもなると言われています。

その結果

 ゆがんだ骨盤は自然な開閉ができずに動きが悪くなってしまいます。その結果、骨盤内の内臓の位置が下がって下腹が出てきたり、ウエストのくびれがなくなります。またお腹のリンパや血液の流れが悪くなるので、むくみや冷え症になったり、脂肪が溜まりやすくなります。ゆがみ方によっては左右のくびれに差が出たり、お尻がたれてきたりと、骨盤のゆがみは、ボディラインをくずす大きな原因となります。

ぽっこりお腹やむくみや冷え性にもつながりると言われています。